三浦よし木『のりちゃん』

三浦よし木 描き下ろし漫画『のりちゃん』
やっぱりどっちの可能性もあるな・・・

うまく言語化できなかったからtwitterの引用だけど、
まあきちゃんにとってはのりちゃんはいつまでもいじめられっ子かもしれないけど、のりちゃんにとってはあきちゃんは過去の人間であり、とっくに眼中に無い存在になった
僕はこれだと思うけど

作者が「のりちゃんの心の傷と~」とサブタイトルを付けてるから、のりちゃんはイジメられていた人間の顔を忘れてなかった
あそこでのりちゃんが話を聞く素振りを見せていたら
あきちゃんは謝罪のあとに「私変わったから!ー」
と続けていそうだから、
そうなってしまってはのりちゃんからしたら「知らんがな胸糞悪い」ってなるよね
のりちゃんの自己防衛成功、というパターン

あきちゃんはどっちのパターンもそうぞうするだろうけど、
自分本意な考え方は修正できるんじゃないかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA