𓆟鮫の呼吸 壱ノ型 「ライトハンドスティングレイ」𓆟

シャークデッキのマイナーだけど好きな動きについてシリーズで紹介していきます。
多分壱ノ型は本来バハシャ餅(もう使えない)。

ライトハンドシャーク

PREMIUM PACK 2020で登場。
ジャンプフェスタ2020の会場で先行販売され一般発売は2020年2月22日。

2017年5月13日登場の「No.71 リバリアン・シャーク」以降、まともな新規がなく腐りに腐っていたシャーカーを救った垂涎の1枚。
相方の「レフトハンドシャーク」と併せ、フィールドレス&ハンドレスから怒涛の超耐性X召喚まで駆け上がる様は圧巻。

最近では動画でも露出の多かったMDのクラゲシャーク?(なんか呼び方あんま好きくない)にピン差しで入っているのが記憶に新しい方もいるかもしれない。
実際のシャークデッキでもカッターから呼び出される要因でピン差しされるかそもそも入っていないケースが多いと思う


しかし、
ライトハンドだけ…? ピン差しで…? 良いのだろうか?
こんなOCGシャーク史における激エモカードを、
弟(と勝手に呼んでいる※レフトハンドシャークのこと)をストレージに置いてきぼりにして良いのだろうか?


そんな私情半分実用性半分のコンボがこちら、「ライトハンドスティングレイ」である。

①ライトハンドシャーク召喚
②レフトハンドシャークサーチ
③サーチしたレフトハンドシャーク捨てて白棘鱏特殊召喚
④墓地のレフトハンドシャーク蘇生
という流れ。
そのまま超耐性シャークドレイクも建設可能。
手札3枚使ってるような感覚だけど、手札2枚で明るい未来が。
更に手札に「エクシーズ・リモーラ」か「ジェネレーション・フォース」があればXが3体並ぶのでパラダイス。(水縛りは1体のみ)
ライトを落とせれば、以降の「マスターピース」で戦闘耐性ホープライジングを立てながらNo.を蘇生できるのも👍。

そして白棘鱏に白の水鏡当てたら「PSYフレームロード・Ω」が立つんで除外したリバイブスプラッシュ戻してあげたいなーとか思ってるんですけどこれはよもやま話。

よくライトハンドにうららを打たれるのですが、それはそれでラッキー。
ライト1枚ではそもそもランク4は立たないので他に特殊召喚できるレベル4がいない場合は相手のうららを見ることが出来、
他に特殊召喚できるレベル4がいる場合はそのままランク4にいけばいいので、うららチェッカーでもあるという。
カッターにあてられなくて良カッター、てなもんです
たまにあるんですけどライトハンドにうさぎを打たれた場合は②の効果によりうさぎをなかったことにできるため超お得。


カチカチバグースカ立ててもいいし、最近はライトレフトリダンを立てて相手のデッキトップ吸いながら生き残ったリダンを自分のターンに退避させてまたライトレフトの効果を使う、というのがマイブームです。

あまり話題には出ませんが
「レフトハンドシャーク」
「エクシーズ・リバイブ・スプラッシュ」
「エアー・トルピード」
「クリスタルシャーク」
「白の水鏡」
の存在からシャークデッキは
「手札コストを逆手に取ってアドバンテージを稼いでいくデッキ」になったと思います。

最近アビスシャーク型が強くなってきたことで
エジルラーン&サルベージのセットは入るのでなおのことコスト回収の敷居は下がってますね

この白棘鱏はその手札コスト役としての一端を担っていて、なおかつ白の水鏡/白の救済/サルベージ対応の貴重なカードです
レベル4/手札から特殊召喚可能/魚族 となると該当するのは白棘鱏とサイレント・アングラーくらいのものです(いつのカードやねん~)
両方とも再録されているのを見るに、新たな互換を出す気はないのかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です